So-net無料ブログ作成

洛中洛外の景 12・11 [2017年写真]

DSC00428.JPG☆おはようございます。すこし、陽がたるんでるな。鴨川は右へ流れ、遠くは東山です。平安のころ、川幅はもっと広く、中洲がいっぱい。でも、盆地の川はみじかい。わずかの雨でも、増水、小屋は流された。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

石山寺と源氏 12・11 [2017年写真]

DSC02774.JPG☆紫式部は石山寺に詣でた。1000年まえのことだが、事実だろう。ここで『源氏物語』の着想を得たとか、カンヅメになったというのは、デマだろう。でも、式部の部屋があるという。行ってみましょう。市役所のまえの地下鉄東西線で、山科へ出て、京阪の京津線で、浜大津へ。この地下鉄がないころ、路面電車で山科、逢坂山超え、そんな時代を知っているなんて、「大ジジ」と名乗るべきか。浜大津で乗り換えると、終点の石山寺しかない。孤立した観光地だったので、これまで行かなかったのか。楽しみですね。

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:学問

中仕切 12・10  [2017年写真]

DSC00571.JPG

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

夜の鴨川 12・10 [2017年写真]

DSC00408.JPG☆二条大橋から下流を望んでいます。あすは、旅の三日目、最終日です。東京を出発の前夜、宇治十帖の「総角(あげまき)」を読みました。薫(かおる)が好きな「大君(おおきみ)」が、宇治山荘で病死します。気になっていたけれど、なぜか未踏の地、石山寺(いしやまでら)に行きたい。ここからだと一時間ぐらいか。最終章になります。みじかい仕切りをいれさせてください。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

京風ダンジョン 12・9 [2017年写真]

DSC00394.JPGどんどん入って行くと、どんなお店が待ってるのですか。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

いいですね 12・9 [2017年写真]

DSC00402.JPG☆いちばん隅の席にすわり、客たちの楽しそうな顔を眺めて、何杯も飲んだ。飲みやすい。三合以上はいった。目の前の樽を写したくて、許可をもらった。「いいですよ」とあんちゃん、目障りなものをどけてくれる親切。トンジョのまえのケーキ屋は、カメラをむけると、「こまります」と店の女が飛んできた。二度と行かなかった。客商売しているので、芸術品を作ってるのじゃないだろ。そう、あそこ、正門ちかくの。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

たる酒 12・8 [2017年写真]

DSC00396.JPG☆どうもカメラのせいではなく、酔いボケですか。お見苦しいが、とろり透明、とてもうまい。樽の香りが絶妙。京都を代表する居酒屋と、つれの評価。とても平凡な作り、変形コの字。カウンターに全員がならぶ。おでんがウリですか。二条川端赤垣屋。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

二条大橋 12・8 [2017年写真]

DSC00407.JPG☆鴨川を渡り、ふりかえっています。左上の隅に高層ホテルが少しだけ、写っています。正面右手には、法勝寺(ほっしょうじ)の「九重の塔」が見えていました。これはチョウ高い。東寺東塔の倍とか。京都タワーに負けない。ローソクタワーはビルの上に建っているのだから、負けでしょう。わたしの背後をまっすぐ進むと、京都市動物園ですが、ここにも、相国寺(しょうこくじ)大塔があった。『太平記』に何度も出てきましたね。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

もどりますか 12・7 [2017年写真]

DSC00392.JPGお店を出ました。酔って視野がボケていますか。高瀬川を渡って、そびえる常宿にもどりますか。タワー、京都駅、ここ。高さが論争になり、もうこれ以上の高さの建造物は作れません。平安のころ、五重塔など、高さをきそった時代もありました。多くは焼けたり、風でこわれたり。

「もうすこし、飲みますか」とつれ。「はいはい、飲みましょう」と、じじはうれしそうでした。(『お伽酒草子』)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

焼魚 12・7 [2017年写真]

DSC00388.JPG☆やりますね。見た目もきれいですね。「子持鮎」です。ふふふ。エゴイズムの快楽が始動します。白木(しらき)のカウンターの向こうでは、揚げたり煮たり、貝など、おいしそうでした。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問