So-net無料ブログ作成
2018年01月| 2018年02月 |- ブログトップ
前の10件 | -

富山市の光景 2・24 [2018年写真]

DSC02892.JPG☆富山市のホテルからです。岩瀬の橋から見た連峰とは方角がちががいます。明日はあの山を越えて飛騨へ行きますが、今宵は城の東に飲み屋街があるようなので、軽く一献。

nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:学問

転落防止 2・23 [2018年写真]

DSC02887.JPG☆めずらしい写真ですよね。ホームに柵。ドアなきホームドア。ライトレールは低床式なので、ジジのいる側に低いプラットホームを作った。「電車がきました。乗りましょう」片道200円です。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

駅舎保存 2・23 [2018年写真]

DSC02886.JPG☆ふた駅分、もどってきました。「東岩瀬駅」です。この駅舎はいまは使われていません。わたしの想像ですが、国鉄のころはここが終点のはず。ここが「東岩瀬」なら、「西岩瀬」があったはずだ。神通川の西岸をさがすと、神社の名に残っていました。戦中の人はここでおりて、いまきた道を逆に、福井港へ行ったのでしょう。

nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:学問

昭和遺産 2・22 [2018年写真]

DSC02885.JPG☆おおきな「忠霊塔(ちゅうれいとう)」が残っていた。天皇に忠義をつくして死んだ兵隊の霊をなぐさめる碑です。どの町村にもありましたが、戦後は取り壊しました。岩瀬は軍国主義者の力がつよかったのか。(もう今となれば、これは戦争の記憶として大事に次世代に送りますか)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

岩瀬の酒 2・22 [2018年写真]

DSC02884.JPG☆「ますいずみ」です。岩瀬に上陸した水夫が飲みました。むかしは、港みなとに造り酒屋がありました。船に積んで遠く売りに行けた酒屋が繁盛して、こんにちに生き残ります。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

煙突 2・21 [2018年写真]

DSC02883.JPGそうは問屋がおろさない。酒博士のことですから。あちこち見ています。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

造り酒屋 2・21 [2018年写真]

DSC02882.JPG☆おお、おおきな杉玉(すぎだま)。土地によっては、酒林(さかばやし)といいますね。「うまい酒ができたぞ」と言っています。今夕、ここのお酒を富山市でいただきます。「そろそろ、もどりましょうよ」と、ジジはあせりだす。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

問屋の末裔 2・20 [2018年写真]

DSC02880.JPGDSC02881.JPG☆これは大正か戦前昭和の建物でしょうか。頑丈で大きいですね。むかしは大家族で30人がいても、おかしくなかった。いまは……

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

コーネリアの宝 2・20 [2018年写真]

DSC02879.JPG☆富山市で初めてお会いしました。「こんにちは」。われらが飲食街ばかりさまよっていたからか。「脚、あったくしていますね」。維新後、富国強兵の社会は、児童疎開を税金でしたりした。次代の兵隊を確保するためでした。兵隊がいらなくなったら、育児支援など口先だけ、形だけですね。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

港は駅 2・19 [2018年写真]

DSC02873.JPG☆表通りから岸壁まで一直線の通路。すぐ裏に船が着き、蔵に荷が運びこまれる。各地のコメの値段が話され、夜には流行りの歌も披露される。船員たちは紅灯の巷(ちまた)へ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問
前の10件 | -
2018年01月|2018年02月 |- ブログトップ