So-net無料ブログ作成

中洲の屋台 8・6 [2017年写真]

DSC02296.JPG西へ行くほど、日が落ちるのがおそいです。7時半なのに、まだ薄明。数珠つなぎに屋台がならびます。一軒一軒、オーナーはちがいます。日暮れになると、運んできて、このように組み立てる。カミワザか。器から食材、ガス、酒類なども用意されます。提灯もネ。早くすわりたい。ビールは飲んできたので、ひやできゅっとやります。暑くても、「おでんください」。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

屋台万歳 8・46 [2017年写真]

原爆に反対しないで、屋台の撤去や整理には熱心だ。なんだ、明治新政府と変わらない。くそったれの役人根性め。あんたらに、そんなことをしてもらうために、高い税金を払っているのではない。赤印が屋台です。いまはもっと狩り込まれているでしょう。中洲がよくわかりますね。川は下から上へ流れます。まもなく博多湾です。中洲の下の先端、三角形が「南新地(ミナミシンチ)」です。那珂川側に赤い数珠があります。そこへ早く行きましょう。(その右の広い土地が、キャナルシテイーです)DSC02609.JPG

nice!(3)  コメント(1) 
共通テーマ:学問