So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年05月| 2017年06月 |- ブログトップ
前の10件 | -

阿蘇の銘酒 6・26 [2017年写真]

DSC02163.JPGスミマセンネ。味見してもらいたいのに、ネ。れいざんは霊山アソのことでしょう。店はねぎぼうず、下通一丁目。電話は……関係ないか。(笑)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

夜の熊本 6・26 [2017年写真]

DSC02156.JPGホテルで2時間ほど休んで、いよいよ出陣です。熊本は、ジジは2度目です。20年ほどまえ、雲仙の土石流の跡を見て、島原市から一直線、フェリーで熊本市の港へ。まだ中学生の子もいっしょでした。熊本城を見物、駅の簡素な店で「熊本ラーメン」を食べ、特急で博多駅へ。のち新幹線での帰京でした。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

ホテル 6・25 [2017年写真]

DSC02155.JPG熊本駅です。ホテルは駅のそばです。明朝の出発が早いから。その窓からの撮影です。ホテルニューオータニがザ・ニューホテル熊本と名を変え、改装したとか。しかし、ルームの造りはもとのまま。ベッドと浴室、あの日本のホテル特有の息の詰まる小ささ。旅館の広さがなつかしい。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

熊本空港 6・25 [2017年写真]

DSC02154.JPG災害支援か。いえ、専守防衛かなにか、戦争の仕事です。わがバスは、熊本空港に寄りました。並木の一本道。空港には陸上自衛隊が同居しています。土地は、あの益城町(ますきまち)です。通りには、震災のあとは見られなかった。ストリートビューでは電柱が傾いたりしています。ここまで1時間、あと1時間かかります。

nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:学問

バスで 6・24 [2017年写真]

DSC02153.JPGタクシーで宮地駅にもどり、バスで国道57号を、熊本市へ。左手の丘の先は南阿蘇村、山塊が崩落した。この道も途中から迂回路を取るはずだ。

nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:学問

あか牛だ 6・24 [2017年写真]

DSC02150.JPGさきの鳥居から入って行くと、反対側にも鳥居があります。そこを出てすこし行くと、一町ほどの門前町が残っていました。食事処の店の脇には、あの「水基」があるのです。きっと蕎麦もうまいでしょうが、ここは熊本、阿蘇には、「あか牛」が放牧されています。韓国系の牛だといいますが、和牛になっています。「はなびし」という知られた店で、「あか牛 牛カツ重」を食べました。つれはこれで、三回目だとか。仕事でこんなとこ(失礼)まできているようで、感心。2100円、うまかったよ。満州の野を行軍したかいがありました。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

阿蘇の湧水 6・23 [2017年写真]

DSC02148.JPG土地では、「水基(みずき)」と呼んでいます。神社の周りにも、いくつかあります。伏流水が滾々と湧き出しています。この水源があって、1400年ほど前に、ここに神社ができ、村落が生まれ、いまや市役所もちかくにあります。それはそうと、11時半に列車を下りて1時間か。そろそろお昼にしませんか。ご馳走になりたいですね。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

せめて支社 6・23 [2017年写真]

DSC02144.JPG倒壊をまぬがれた小社です。千木(ちぎ)が高くつきだしていますね。

nice!(3)  コメント(1) 
共通テーマ:学問

再建 6・22 [2017年写真]

DSC02142.JPG☆楼門か拝殿か、その双方か。おおきな建物です。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

熊本地震 6・22 [2017年写真]

DSC02143.JPG☆一年前の惨状です。「楼門」がいかに立派なものだったかは、ストリートビューで、まだ見ることができます。門の左側の道を斜め上に行くと、紹介した鳥居があります。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問
前の10件 | -
2017年05月|2017年06月 |- ブログトップ